組子 麻の葉

竣工写真撮影にいってき

ました。


お施主さんのご要望もあり、

今回は、待合室に組子のパネルを取り入れました。


選択している「麻の葉」という文様は、

古来から人気のある柄ですが、丈夫ですくすくとまっすぐに伸びることから、

日本では、子供の成長を願って産着に用いる風習もあったようです。

新しい、医院への想いも込めてセレクトしました。


帯分けの「矢羽根」という組み方で構成してもらいました。

組子材も、「スギ」と「ヒノキ」を使用して、

木の色味によるコントラストと、間接照明により浮き上がった文様が、

様々な表情を感じさせてくれます。


竣工写真のあがりが楽しみです!